正しいスーツケースの選び方.com
スーツケースやキャリーバッグの選び方、おすすめのブランド比較など。

ポーター(PORTER)

「吉田カバン」でお馴染みの株式会社吉田が1962年に初めて立ち上げた自社ブランド。トートバッグなどカバン製品を広く扱っており、スーツケース(キャリーケース)も少数モデルながら購入することができます。
  • ポーターについて
  • ポーター製スーツケースの特徴
  • ポーターの売れ筋・人気スーツケースモデル
  • ポイントまとめ
株式会社吉田が取り扱うブランド

ポーターについて

「吉田カバン」でお馴染みの株式会社吉田が、1962年に自社ブランドとして初めて立ち上げたのが「ポーター」です。また、日本の鞄メーカーに「自社ブランド」という概念を先駆けて取り入れたのも同社。

高度経済成長によって日本が豊かになり始めた1960年代、日本の鞄メーカーが自社ブランドを持つことは非常に珍しいことでした。そんな時代背景の中で発表されたポーターは、日本の鞄業界におけるプライベートブランドの先駆け的な存在となっていきました。ポーターの名前の由来は、ホテルなどでお客様のカバンを預かる従業員「ポーター(porter)」から来ています。そこには「カバンの良さを知る者」という意味が込められています。

2009年には女性向けのデザインを追求した「ポーターガール」を発表。カラフルな色調・女性特有の柔らかさを特徴としたトートバッグ・ショルダーバッグ・財布などを買い求めることができます。

ポーター デバイス 「BRIEF CARRY CASE」

ポーター デバイス 「BRIEF CARRY CASE」

株式会社吉田について

母体となっている株式会社吉田は、1935年創立の鞄メーカーです。同社の製品は「吉田カバン」と呼ばれ親しまれています。

創業者の吉田吉蔵は若干29歳にして独立、神田に吉田鞄製作所を設立します。吉田吉蔵が作るカバンは「丈夫で使いやすい」とその評判を徐々に広めていきました。婚約前の美智子さまが、テニスに出かけるときに吉田カバンを愛用されていたことでも有名な鞄メーカーです。

会社の社是となっている「一針入魂」は、創業者の吉田吉蔵が掲げていた精神で、カバン作りに対して一切の妥協を許さないという姿勢を窺い知ることができます。

基本情報

ブランド ポーター
会社 株式会社吉田
日本
創業 1935年
タイプ ソフトタイプ ロゴ
予算目安 68,000円
  • ハードタイプ ロゴ ハードタイプ
  • ソフトタイプ ロゴ ソフトタイプ
予算目安について
  • おおよそ8割方の製品が購入可能な予算目安(円)になります。
  • ボディ素材やモデルによって価格幅があります。中でもアルミニウム合金製のスーツケースは価格が高くなる傾向にあります。
  • 純粋に価格だけを見れば、公式ショップよりも楽天市場等ネットショップの方が安く購入できます。
ポーターを探す
  • レビューの件数が多い」順に並び替えています。検索結果が最適化されない場合もあるのでご了承ください。
  • バッグ・小物・ブランド雑貨」で検索しています。(※商品ジャンル)

ポーター製スーツケースの特徴

ポーター製スーツケースの特徴や、選び方のポイントなどについて。

ソフトタイプが主体

株式会社吉田には、ポーターやラゲッジレーベルといった自社ブランドがありますが、いずれのブランドもハードタイプは取り扱っておらず、ナイロン等の軽量素材を用いたソフトタイプのキャリーケースが主体となります。

手に入れるのが大変

日本の人気鞄メーカーということだけあって、すぐに売り切れor生産終了になってしまうモデルが多いのが特徴です。現在ではポーター デバイスの「BRIEF CARRY CASE」や、トリップの「ROLLER BOSTON BAG」というモデルが生産されています。流通経路によってはそれ以前のモデルも手に入れることができます。

「雨」にも強い

ソフトスーツケースは軽量性と柔軟性に富む反面、雨に弱いという特性もあります。ポーター デバイスの「BRIEF CARRY CASE」は、表面素材にターボリンという耐水性の高い素材が用いられており、突然の天候不良や雨にも強いのが魅力です。ターボリンとは、ポリエステル繊維を合成樹脂でコーティングしたビニール系素材で、仮設テントや横断幕などにも用いられている雨風に強い素材です。

BRIEF CARRY CASE

鞄メーカーだけあって、収納スペースには工夫が凝らされている

ポーター デバイスの「BRIEF CARRY CASE」には、フロント部分に上下2つのファスナーポケットが付いています。下段ポケットには折りたたみ傘を濡れたまま収納することができ、雨は内側のメッシュ素材から外に排出される構造になっています。また、本体には水が浸水しないよう設計されているので安心です。

本体内部の収納ポケットも大小細かく区分けされており、ペンホルダーからB4サイズの大きなファイルまで、様々なビジネス用品を収納できる工夫が凝らされています。

ポーターの売れ筋・人気スーツケースモデル

ポーターではハードタイプのスーツケースは取り扱っていないため、購入する場合にはソフトタイプのキャリーケースが主体となります。現在ではポーター デバイスの「BRIEF CARRY CASE」や、トリップの「ROLLER BOSTON BAG」、2017年にはポーター ハイブリッドの「BOSTON CARRY BAG」や「CARRY CASE」が新しく登場しています。「BRIEF CARRY CASE」は、ビジネスマンの短期出張に適した創意工夫が凝らされたキャリーケースです。

ソフトタイプ

ポーター デバイス 「BRIEF CARRY CASE」
ポーター デバイス 「BRIEF CARRY CASE」

ターポリンの特性を活かし、耐水性に優れたビジネスキャリー。表地と裏地にはそれぞれ異なる素材を用い、ハンドルや一部付属には革(撥水加工)が使われています。非常に手の込んだ造りの高機能バッグになります。

主な機能
  • 表:ターポリン(ボンディング加工), 裏:ナイロンオックス(アクリルコーティング), 付属:牛ステア(撥水加工)
  • ファスナー式
  • 4輪
  • キャリーハンドル(1段階調節)
  • 詳細スペックに関しては正確な記載を心掛けていますが、万が一記載間違いがある可能性もあるため、購入先ショップでもう一度確認するようにしてください。

ポイントまとめ

  • 軽量性と柔軟性に富むソフトタイプのスーツケース(キャリーケース)が主体。
  • 耐水性を高めるターボリン素材や、濡れたまま傘を収納できるポケットなど、機能面でも優れたキャリーケースを提供。(※モデル「デバイス」)
  • 耐水加工された表面ボディ、B4ファイルも収納できるゆったりとした内装、ペンホルダーや手帳を収納できる大小様々なポケットと、ビジネスマンの短期出張に適した創意工夫が凝らされています。(※モデル「デバイス」)
ポーターを探す
  • レビューの件数が多い」順に並び替えています。検索結果が最適化されない場合もあるのでご了承ください。
  • バッグ・小物・ブランド雑貨」で検索しています。(※商品ジャンル)
楽天ランキング スーツケース
楽天ランキング スーツケース