正しいスーツケースの選び方.com
スーツケースやキャリーバッグの選び方、おすすめのブランド比較など。

アメリカはアウトドア系のラゲッジ・ブランドが多い

アメリカ北部はクライミングやスノーボードといったアウトドアスポーツが盛んで、それをサポートするかのようにアウトドア系に特化したラゲッジ・ブランドが登場しています。
  • アメリカのスーツケースブランド

アメリカのスーツケースブランド

アメリカの有名なスーツケースブランドというと、世界第1位のシェアを誇るサムソナイトやアメリカンツーリスター、アタッシュケース製造で有名なゼロハリバートンなどが浮かびますが、それ以外のラゲッジ・ブランド、特にアウトドア系のラゲッジ・ブランドが多いことに気付かされます。

アメリカといえば広大な国土、平地・山岳・砂漠など様々な自然環境、陽気で豪快なアメリカ野郎といったイメージがありますが、それを象徴するかのようにアウトドア系のラゲッジ・ブランドが多いのが特徴です。

アメリカ北部はクライミングやスノーボードといったアウトドアスポーツが盛んで、それをサポートするかのようにアウトドア系に特化したラゲッジ・ブランドが登場しています。ここでは、そんなスポーツ愛好家に支持されているアウトドア系ラゲッジ・ブランドをいくつか紹介していきたいと思います。

アウトドアスポーツ

バートン

世界的に有名なアメリカのスノーボード・ブランドで、世界トップスノーボーダーの多くも契約している。おしゃれでデザイン性の高いトラベルバッグが多く、ウィンドウショッピングしているだけでも十分楽しめます。バートン製トラベルバッグの多くは、永久保証(ライフタイムワランティ)の対象。

ウィーリーダブルデッキ
ウィーリーダブルデッキ

2週間程度の旅行に最適な大型キャリー。カラーバリエーションが豊富にあり、それぞれに異なる素材を用いるこだわりも見受けられます。裏地をポリウレタン素材で補強しており耐久性もあります。

主な機能
  • 840Dポリエステル,Corduraデニム,1682Dナイロン(モデルにより異なる)。裏地はポリウレタン。
  • ファスナー式
  • 2輪
  • キャリーハンドル(伸縮)

イーグルクリーク

アメリカの旅行用品メーカー。登山用具の製造販売を得意としているアウトドア系。汚れたブーツを収納できる独立収納スペース、折り畳み可能な組み立て式キャリーバッグなど、よく作り込まれたユニークなモデルを製造しています。素材にはバイテックアーマーやバリスティックナイロンを用いるなど耐久性に優れる。

ORVトランク36
ORVトランク36

容量約143(ℓ)と圧倒的な収納力を誇るキャリーバッグ。フロント部分は上下にそれぞれ収納スペースがあり、下段収納口には汚れたブーツ等も格納できる。ボディ素材には、撥水性のあるBi-Tech™生地や、高い耐久性を持つバリスティックナイロンを使用。

主な機能
  • Bi-Tech, Bi-Tech Armor, 1260D Helix Ballistic
  • ファスナー式
  • 2輪
  • キャリーハンドル

ザ・ノース・フェイス

アメリカのアウトドア用品・登山用品を中心に製造販売を手掛けるメーカー。ザ・ノース・フェイス製品の繊維素材として採用されている「TPEファブリックラミネート」は、ソフトスーツケースとは思えないくらいの頑丈さを誇る。過酷な環境に挑戦する登山家・冒険家からの支持が高い。

ローリングサンダー
ローリングサンダー

ボディ素材には、汚れや水濡れに強いタフな1000デニールポリエステルTPEファブリックラミネート素材を使用。軽量かつ大容量の荷物を収納することができます。大型で丈夫な2輪キャスター付き。シューズ等も収納できる。(横開き型)

主な機能
  • 1000DポリエステルTPEラミネート, 1680Dナイロン
  • ファスナー式
  • 2輪
  • キャリーハンドル(収納可、1段階調節)

ティンバック2

アメリカ西海岸で生まれたバイクメッセンジャー御用達の新興ブランド。メッセンジャーバッグが主力のメーカーであり、まだまだスーツケースの取り扱いは少ない印象です。キャリーバッグ(Roller)製品では、貝殻のように横開きさせることができる「コパイロット」が定番モデル。

コパイロット
コパイロット

一目で全体が確認できるクラムシェル(貝殻)スタイル。まるで貝殻を開くかのように収納口が開くので、パッキング時や取り出す際に中身の確認がしやすい構造をしています。

主な機能
  • Heirloom Cotton Canvasほか(※モデルカラーにより素材が異なります)
  • ファスナー式
  • 2輪
  • キャリーハンドル

スポーツ愛好家・登山家・冒険家が好んで愛用しているメーカーが多いですね。

必然的に背負って運ぶソフトタイプのキャリーバッグが多いですが、ソフトタイプの特徴である軽量性・機動性を保ちつつも、摩耗や外部衝撃に強い強化ナイロン素材等を用いて弱点も強化しています。他にも、ヘルメットを取り付けられるフック、汚れたブーツを収納できる独立スペース、長期滞在にも対応できる大容量サイズの実現など、スポーツ愛好家・登山家・冒険家の要望に応えた魅力あるキャリーバッグを製造しています。

楽天ランキング スーツケース
楽天ランキング スーツケース