正しいスーツケースの選び方.com
スーツケースやキャリーバッグの選び方、おすすめのブランド比較など。

機内持ち込み可能なスーツケースの選び方

おおよそ1~3泊程度の短期旅行であれば機内持ち込み用スーツケースだけで事足ります。軽装で行く短期旅行ならば、機内持ち込み用スーツケースを積極活用していきたいですね。
  • 航空会社の手荷物サイズ制限
  • 機内持ち込み手荷物の個数・サイズ・重量
  • 機内持ち込み用スーツケースの活用 メリット・デメリット
  • エキスパンダブル機能に注意!
  • 機内持ち込み可能なスーツケース

航空会社の手荷物サイズ制限

航空機

航空機を利用して旅行する場合、航空会社の手荷物サイズ制限に注意するようにしましょう。航空会社が規定している手荷物には、機内持ち込み手荷物と受託手荷物(お預け手荷物)がありますが、それぞれに手荷物サイズ制限が設けられています。航空会社によって若干異なる部分もありますが、国内大手航空会社(JAL,ANA)をはじめ多くの航空会社が設定しているサイズ制限を以下に紹介します。

機内持ち込み手荷物の個数・サイズ・重量

機内持ち込み手荷物の個数・サイズ・重量について、簡単におさらいします。

個数

機内に持ち込める手荷物は、手荷物(1個)+身の回り品(1個)と定められている場合が多いです。(各航空会社によって差異があります)

スーツケ-ス+バッグ

サイズ

国内大手航空会社(JAL,ANA)におけるサイズ制限は以下の通りです。

  • 3辺の合計 115㎝(以内)
  • 3辺の長さ 55㎝,40㎝,25㎝(以内)
スーツケース(例) ハンドバッグ(例)
機内持ち込み手荷物 スーツケ-スのサイズ 機内持ち込み手荷物 ハンドバッグのサイズ
座席数が100席以上の場合

機内に持ち込める手荷物は、上記のサイズ制限を満たすものであれば持ち込むことができます。座席数が100席未満では、3辺の合計が100㎝以内、3辺の長さがそれぞれ45㎝,35㎝,20㎝以内と若干制限が厳しくなります。

重量

国内大手航空会社(JAL,ANA)におけるサイズ制限は以下の通り。

持ち込み手荷物の総重量が10㎏まで。

総重量については各航空会社によって制限に幅があります。格安航空会社(LCC)は大手航空会社よりも手荷物の重量を厳しく制限している場合が多いです。

航空会社で設定しているサイズ制限をオーバーすると超過料金を取られてしまうので、利用予定の航空会社が設定するサイズ制限は必ず事前チェックしておくようにしましょう。通常、航空会社のサイズ制限はキャスター・取っ手ハンドルなど突起物を含んだ長さ(外寸でサイズ計算されます。メーカーによっては、三辺サイズを外寸ではなくボディ部サイズで表記している場合もあるため、「機内持ち込みサイズ」「受託手荷物サイズ」と明記されているのを確認するのが確実な方法になります。

機内持ち込み用スーツケースの活用 メリット・デメリット

機内

機内に持ち込める手荷物にはサイズ・重量に制限があります。3辺が55㎝,40㎝,25㎝以内、重量10㎏の場合、おおよそ1~3泊程度の短期旅行であれば機内持ち込み用スーツケースだけで事足ります。メーカー側もこれら短期旅行層をターゲットとして「機内持ち込み可能なスーツケース・キャリーバック」と銘打った製品を発表しています。

機内持ち込み用スーツケース
利点
  • 預けた際に壊される心配がない
    スーツケースが破損するパターンで多いのが、航空会社にお預かり手荷物として預けた際に、乱暴に扱われて破損するというケースです。日本の航空会社はケアが行き届いていますが、海外ではスーツケース=壊れて当然のものとして乱雑に扱われることも多いため、「ターンテーブルで受け取った際にボディやキャスターが破損していた」なんてケースは意外に多いです。
  • 預けた荷物の受け取り手間を省ける
    現地に到着したら、お預かり手荷物は空港ターンテーブルで受け取ることになります。チェックイン時間や積み荷の順番によっては、自分のスーツケースが最後尾の方になることもあります。出てくるのが遅く、かなり待たされます。機内持ち込み手荷物ならば、こういったイライラや待ち時間が短縮されます。
  • ロストバゲージの心配がない
    「預けたスーツケースがいつまで経っても受け取りレーンに現れない!」
    ロストバゲージに見舞われる確率はかなり稀ですが、毎日どこかの空港で発生しています。ロストバゲージは空港職員による荷物の取違いや積み荷ミスによって起こります。まず旅行は台無しになること間違いなし。どこか別の空港に飛ばされた荷物が戻ってくれば幸いですが、完全紛失の場合もあるので本当に最悪です。お預かり手荷物には、最悪紛失しても良い前提で荷物を入れる必要があります。
欠点
  • 荷物が多く収納できない
    機内持ち込み可能な手荷物にはサイズ・重量制限があるため、機内持ち込み用スーツケースだけで済ませる旅行は、1~3泊程度の短期旅行に限られると思います。長期旅行の場合では、機内持ち込み手荷物とお預かり手荷物を併用すると良いです。

軽装で行く短期旅行ならば、機内持ち込み用スーツケースを積極活用していきたいですね。外側のサイズ(外寸)を抑えつつ、容量を確保するにはキャスター・取っ手ハンドルなど突起物がないタイプやハンドバッグを活用する手がありますが、引きずって運べないため腕や肩への負担が増えてしまう点も留意しておきたいです。

イラスト

エキスパンダブル機能に注意!

スーツケースには、容量を拡張できるエキスパンダブル機能付きのタイプがあります。エキスパンダブル機能を使用した場合、外寸(奥行き)が元のサイズより大きくなります。機内持ち込みサイズをオーバーしたり、重量10㎏をオーバーしてしまわないように注意してください。

エキスパンダブル機能付きのスーツケースでは、通常サイズおよび拡張サイズの2種類を明記している場合が多いため、拡張時に機内持ち込みサイズを超えるような場合には注意を払う必要があります。

(例)
外寸 機内持ち込み
通常サイズ 50×40×25(㎝)
拡張サイズ 50×45×30(㎝) ×

機内持ち込み可能なスーツケース

機内持ち込み可能なスーツケースの人気モデルを簡単に紹介します。売れ筋モデル等については以下を参照してください。

プロテカ

マックスパス H2s
マックスパス H2s
容量 40(ℓ)
重量 3.3(㎏)
外寸(高×幅×奥) 51×39×25(㎝)
外寸合計 115(㎝)

機内持ち込みサイズで最大容量を目指したモデル。40(ℓ)という最大級の容量が魅力。PCや書類、ペンや小物類などをすぐに取り出せるフロントオープンポケット付き。

主な機能
  • ポリカーボネート+ABS樹脂
  • ファスナー式
  • 4輪
  • 静音キャスター(サイレントキャスター®)
  • キャリーハンドル(4段階調節)
  • TSAロック

ヒデオワカマツ

マックスキャビン2
マックスキャビン2
容量 42(ℓ)
重量 3.0(㎏)
外寸(高×幅×奥) 50×40×25(㎝)
外寸合計 115(㎝)

機内持ち込みサイズで最大容量を目指したモデル。外寸は機内持ち込みサイズで最大容量となる組み合わせの「50×40×25」。弁当箱型で突起物が少なく、まさに最大容量をとことん追求した設計になっています。

主な機能
  • ポリカーボネート
  • ファスナー式
  • 4輪
  • 静音キャスター(日本設計)
  • キャリーハンドル(5段階調節)
  • TSAロック
機内持ち込み スーツケースを探す
  • レビューの件数が多い」順に並び替えています。検索結果が最適化されない場合もあるのでご了承ください。
  • バッグ・小物・ブランド雑貨」で検索しています。(※商品ジャンル)
楽天ランキング スーツケース
楽天ランキング スーツケース